九龍はキャンプから帰って来ると、恐竜の顔作りを行いました。

 九龍は夕方になって昨日からの西多摩郡での一泊二日のテント泊キャンプから帰ってきました。キャンプファイヤーなども無事に出来て雨の影響は心配したほどではなかったようです。九龍はお土産に自分で作った石のキーホルダーを持って帰ってきました。
 帰宅してから九龍は夏休みの自由研究の恐竜の大型模型の顔の制作を行いました。顔の部分に新聞紙を詰めて固定し、その上から紙粘土を貼り付けて形を出していきました。ビー玉の眼を入れてみると少しは恐竜の顔らしくなってきました。